toggle

はじめに

その昔、20代前半の年の頃に初めてWeb制作会社に
自分をアピールする文章を丁寧に綴ったときには
「環境づくりがしたい」と書いたのをぼんやりと覚えています。

ユーモアや洞察力に長けたテキストや各々の思想を
残すサイトがウェブの黎明期の当時は多く、
オフラインの世界では見えてこない世界が
垣間見えることに感動があって
世界が広がったのを覚えています。

顔も見たこともない相手のウェブサイトに赴いて
丁寧に綴った文章や作品を目にしたときって
実際に顔を合わすのとはまた違った体験があるわけです。
そういうものに容易に触れることができる時代の始まりでした。

それが自分自身のサイトを作るだけに終始したくなく、
会社や他者のために貢献したいと思うようにもなって、
Web制作会社に入ることになってからいくつかの
会社を転々として現在に至ります。

時代は進んでウェブのデザインより印刷物のデザインに
注力するようになりましたが、現在でもデザイナーとしての
志に大きな変化はなく、ご要望にしっかり耳を
傾けながらご依頼者の強みや特徴、思想が
より伝わるようにデザインの精度を高めて
いきたいという気持ちがあります。

私が今持っている能力によって確かな価値を
提供できる。そう信じて疑わないでいます。

広告を生み出すことは、情報が届かなければ
「”燃えるゴミ”を生み出すだけ」
という覚悟と共にいます。

だからこそ、常にお客様にあたる方との対話を重んじ、
気持ちを汲みとること忘れず、丁寧に作業にあたって
いくことを忘れないでいたい。

何にストレス(問題)を感じていて、
何がゴール(解決)なのか、
心に潜むあなたの声を聞かせてください。
どうぞよろしくお願いいたします。